ピーターラビット

TOP > 商品一覧 > 雑貨 > ブランド・シリーズで探す > ピーターラビット

ピーターラビット



ピーターラビットのお話

『あるところに、4ひきの 小さなうさぎがいました。なまえは、フロプシーに モプシーに カトンテールに ピーターといいました。』これは、いつの時代でも子どもたちが大好きな絵本「ピーターラビットのおはなし」の冒頭部分です。
1893年9月4日、ビアトリクスは、ノエル・ムーア君に、ピーターといういたずらウサギについての絵手紙を書きました。ノエル君は、かつての家庭教師の5歳になる息子で、このとき病気療養中でした。ビアトリクスはこう書きはじめます。「親愛なるノエル君へ。なにを書いたらよいのかわからないので、4ひきの小ウサギのおはなしを書くことにします」。 数年後、ビアトリクスはこの話を絵本として出版しようと考えました。彼女はこれをノートに書きなおし、出版社6社に送りましたが、すべて断られました。ビアトリクスは仕方なくこれを自費出版したところ、ようやくフレデリック・ウォーン社が出版に同意しました。こうして1902年、「ピーターラビットのおはなし」はもっとも有名な絵本の一つとなりました。